レギュラーソリュブルコーヒーってなに?インスタントとは違うの?

Pocket

ども!ウチカフェ管理人です!

ネスカフェバリスタに使用するレギュラーソリュブルコーヒーはどういったものでしょうか?

今回はほかのインスタントコーヒーとの違いをお教えします。

レギュラーソリュブルコーヒーはネスカフェバリスタで!



レギュラーソリュブル=溶けるレギュラーコーヒー

レギュラーソリュブルコーヒーは、ネスレ独自の「挽き豆包み製法」を採用しています。

細かく挽いた粉を抽出液に包み込むことで鮮度が保たれます。

コーヒーは酸素が弱点

焙煎豆も挽いた粉もや淹れた後のコーヒーは、酸素に触れ続けるとおいしくなくなります。

コーヒーは酸素が弱点で、焙煎豆や粉は密封保存をすることが美味しさの条件です。

レギュラーソリュブルコーヒーは、挽き豆包み込み製法により酸化を防ぎ、鮮度の良い状態で飲むことができます。

インスタントコーヒーのふたつの製法

レギュラーソリュブルコーヒーとインスタントコーヒーの違いを知るには、まずはインスタントコーヒーの製法について知らなければいけません。

インスタントコーヒーには2種類の製法があります。

フリーズドライ製法

凍結乾燥(フリーズドライ)製法は、コーヒーお濃縮液を凍結させ、真空状態で昇華させてつくる製法です。

低温からの昇華ですので、酸化の度合は少なく香りが保たれやすいです。

*昇華=固体から、液体にならず、直接気体へと変わること。

スプレードライ製法

噴霧乾燥(スプレードライ)製法は、乾燥状態の乾燥塔内でコーヒーを噴霧すると、コーヒー液が蒸発し、細かな粉が残ります。

以上、2種類の製法によってインスタントコーヒーが精製されます。

参照:インスタントコーヒーができるまで

ネスカフェバリスタに他社にインスタントコーヒーは使えるの?

使えません!

同じように、お湯で溶けるタイプのコーヒーですが、製法が違うと溶けるスピードや濃度が変わってきます。

最悪の場合、溶けきれなかったコーヒーが詰まってしまい故障の原因になります。

絶対にやめましょう。

幸い、【ネスレ日本公式】
にてレギュラーソリュブルコーヒーを配送してくれるサービスがあるので、利用しちゃいましょう。

いろいろ試して自分好みをさがそう

以上、レギュラーソリュブルコーヒーとインスタントコーヒーの違いでした。

スプレードライは粉、フリーズドライは粒状のもの、レギュラーソリュブルコーヒーもまた違ったものなので、いろいろ試してみましょう。

定期便だとコーヒーメーカーが安く使えます。

ストックがなくなってコーヒーが飲めない!わざわざ買いに行くのがめんどくさい!方は安くマシンが手に入る定期便はどうでしょう?



“レギュラーソリュブルコーヒーってなに?インスタントとは違うの?” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です